スペインに住む主婦です。体外受精に挑戦することになりました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
67歳で出産
昨年の12月、スペイン人女性が67歳で双子を産んだというニュースを知ってますか?
世界最高齢での出産だそうです。
(卵子、精子とも提供)

アメリカで不妊治療を受ける時、55歳という年齢制限があったので、
年齢を偽って治療を受けたことが問題になって、再びニュースになったのですが・・・・。

もちろん、母乳は出ません。
二人の面倒を見切れず、義姉妹に手伝ってもらっているとのこと。
体外受精のために自分の住んでいたピソ(マンション)を45,000ユーロ(1ユーロ=約150円)で売却。
・・・っていうことはお金が余り余ってるわけじゃないよね?
もちろん年金生活者(500ユーロ+育児補助100ユーロ)。
そして子どもが13歳の時、お母さんは80歳。
子どもの世話をすると言うより、世話をしてもらう立場になるはず。

現在は子どもの将来の為に若い彼氏を募集中だって。
なんか無責任じゃない?

「昔からの夢が子どもを産むことだった・・・」

その気持ちはもちろんよくわかります。
でもそれだけで子どもを産んでいいの?

ずっと母親と一緒に暮らしてきたが2005年に亡くなって、体外受精をしたらしいが、売ったピソも母親のものだったかもしれないし、
一生誰かに面倒を見てもらいたいだけなのではと疑ってしまう。

高齢でも出産できると言うのはおめでたいニュースなんだけど、
なんか腑に落ちないのでした。
スポンサーサイト
© スペインで赤ちゃん. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。