スペインに住む主婦です。体外受精に挑戦することになりました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
人工授精後の腹痛
3月26日(月)にAIHをしてきました。
前回は子宮頚部が閉まっていて、無理やりあけて出血したぐらいなのに、今回はすんなり済んだ。
K先生も「今回はうまくいきそうだね!」と言ってくれてうれしかった。

なのに、帰宅後すごい腹痛が・・・。
お腹の右と左、たぶん卵巣辺りが異常に痛かったの。もう叫びたくなるぐらい。
でもなんとか6時間ぐらいでおさまった。これは排卵痛だったのかな?
卵胞が7つあったわけだし、排卵痛がひどいのも納得できる。
何よりタイミングが合っていたということで、うれしかった。

でも問題はその後。
排卵痛ほどじゃあないけど、今度はお腹の中心辺りが痛い。
生理痛や手術後の痛みと似ているから、子宮だと思う。

ちなみにその日、夫も腹痛&微熱で会社を早退してきた。
翌日病院に行っても「ウィルスの可能性もあるがよくわからない」といわれ、とりあえず薬を飲んでいる。

2日後の水曜日、まだ痛みが続くので病院に電話してみた。
いつものK先生はいなかったんだけど、看護婦さんが
「AIH後の腹痛はよくあること。炎症を抑える市販の薬を飲んだらいいわよ。」とのこと。
でもできれば薬を飲みたくなかったので、その日は我慢。それがいけなかった。

夜、お腹が痛くて眠れない。
今度はガスまでたまってきて、余計に痛いのに、おならが出ない。
「腸閉塞?」と青くなって、必死におならが出るように体を動かしたり、腹式呼吸をしたり・・・・3時間ぐらい格闘した結果、無事におならが出て、やっと眠れた。

その次の日(木曜日)、朝起きると腹痛が悪化している。
もう我慢できずに朝一番で薬を買いに行った。
薬局で確認すると、妊婦は飲んではいけない薬とのこと。
でもまだ妊婦じゃないし・・・・不妊治療専門の看護婦さんが進めた薬だし、ネットで見ると、日本でもAIH後は抗生物質を処方しているようだから、飲んでみた。

今日金曜日。
まだ腹痛が続く。薬のお陰か夜はぐっすり眠れたし、昨日の朝ほどの痛みはない。
でもまだ続いてるんだよね・・・。
こんな状態の子宮じゃ受精卵があっても着床してくれないんだろうなぁ。

ちなみに午前中は茶色いオリモノも出る。
たぶん夜に入れている黄体ホルモンのせいだと思う。
でも前回は入れてても、茶色いオリモノなんて出なかったのに。

あ~あ、せっかくK先生がくれたチャンスだったけど、今回はダメそう。
痛みって続くと、いろんなことがどうでもよくなってきちゃう・・・。
ちなみに夫の調子もまだいまいち。
私たち夫婦、どうしちゃったんだろう?
スポンサーサイト
page top
7つの卵ちゃん
今日も病院へ行ってきました。
そして、いつものK先生。

「去年から筋腫&卵巣嚢腫の手術をして、今回2回目の人工授精。これで妊娠したら奇跡だね~!」なんてニコニコ話しかけてきて、ご機嫌のご様子。

さて、卵巣内の様子をエコーで見てみると・・・
「おお~、オリーブ。16歳の卵巣のようだよ。」
なんと、右に3個、左に4個の卵胞が育ってました。

こんなに卵が育ってると、普通は中止になっちゃうよね?
でもこれを逃すともう公立病院では治療が出来ない私。
するとK先生「みんな~、オリーブは月曜日7個の卵胞で人工授精するからね~。」
まだ股を開いたままなのに、ドアを開けてスタッフ(女性だけだけどね)に宣告。

もちろん、みんな「7個・・・。それまずいんじゃないですか・・・・。」

「でも彼女は筋腫の手術をしていて15箇所傷があるし、3個は大きいけど残りは中ぐらいの大きさだし・・・」
と説明して、みんなを納得させてくれた。

帰りのバスで、「7つ子だったらギネスに載るのかなぁ。」なんて考えてみちゃった私(笑)
もう今更考えても仕方ない。
これでダメならもうAIHをしても無理ってあきらめもつくし、
とにかく、先生にまかせよう。
どうかうまくいきますように!
page top
前回の失敗発覚
みなさん、こんにちは!

今回は卵胞刺激のためにゴナルF(FSH製剤)を150IUずつ注射してます。
でもなんか変なんだよね・・・・。

1本の注射器に900IU入ってます。
前回は1日75IU×7回=525IU 使って、375IU残っているはず。
ということは150IUを2回やったらほぼ無くなるはずなのに、
4回打ってもまだ残ってるんです。

・・・つまり、前回ちゃんと注射できてなかったってことですね(涙)
嫌な予感はしてたんです。なんか使い方を間違ってるかなって。
でも今回やっていて、はっきりしました。
注射をする前に、必要量を引っ張ってから打たなければいけないのに、
引っ張りきれてなかったようです。
あ~、どうりで前回、1個しか卵が育ってなかったわけだ。

今度は逆に心配になってきた。
前回、75IUでは刺激が足りなかったということで、
今回は倍量の150IUを打ってるんだよね?
強すぎて、卵が出来すぎてたらどうしよう・・・。

という感じで、あまり眠れずに今日は病院へ。
いつものK先生だった!
早速エコーで確認すると、

「右の卵巣の状態はいいね。何も(嚢腫とか)できてないし。」

ホッと一息。

肝心の卵ちゃんはというと、
「まだみんな小さいけど、今度は薬が利いて、いくつか育ってみるみたいだね。」
とのこと。あ~あ、安心した~。
このまま150IUの刺激を続けて、木曜日にまた様子を見るとのこと。
あと、今回の人工授精は月曜日になりそうだって。

先生には前回の失敗の話はできなかったけど、まあいいよね。
とにかく、順調みたいでよかった。
あとね、前回卵が1個しかできてなくて、私の卵巣の働きが悪いのかとも心配してたの。
なんか一気に心配事が解決した気分。
本番はこれからなのにね(笑)

今夜はゆっくり眠れるかな~!
page top
急展開
黄体ホルモンをやめた次の日、無事に生理が来ました。
今まで来たくてもこれなかったのがわかっていたので、
なんか、すごくホッとして、
生まれて初めてといっていいぐらい、さわやかな気分で生理を迎えちゃいました(笑)

「生理が来たら電話するように」といわれていたので、病院へ報告。
すると、「ちょっとK先生に相談してみたんだけど、明日とりあえず来て。」

と言われ、今日再び病院へ。

もう39歳だから治療を続けられないのに、なんだろう?
タイミングぐらいは続けてくれるのかしら?

色々考えながら、診察室へ。
すると、「もう一回、人工授精をしましょう」だって。

あれ? 私、特別扱い?

とりあえずエコーで子宮を確認し、今日から卵巣刺激の注射(ゴナルF、FSH製剤)をまた始めることに。
前回は75IUだったけど、今回は150IUずつ。

本当はね、もう治療を続けてもらえないと思って、日本への航空券を予約してたの。
アルメリアからの便で安いのが見つかって、かなり舞い上がってたんだよね。
家族にも帰るかもって連絡しちゃったし・・・・。

とはいえ、最後の人工授精のチャンスだと思って、もう一度がんばってみることにしました。
ダメだったら、今度こそ日本へ帰ろう。
運に身を任せるのもいいよね。

明日、金曜日までが発券の期限だったの。電話してキャンセルしなきゃ。
page top
ダメでした。
みなさん、こんにちは!
心配して見に来てくれてた人もいたみたいなんですけど・・・・初めての人工授精は失敗に終わりました。

今回の高温期、すごかったんです。
胸は張るし、高温が続くし、生理予定日にも生理がこなくて
・・・すっかり舞い上がって土曜日に妊娠検査薬を試したら、
結果は「陰性」。
今日、病院に確認に行ってきましたが、何も見えませんでした。
全部プロゲストロン(黄体ホルモン)を投薬していたせいだったようで、とりあえず薬をやめて、生理がくるのを待つことに。
あ~あ、思いっきり振り回されて、期待が膨らんでいただけに、余計にがっかりしちゃいました。

計らないっていってた体温はというと、
高温期の後半に入って、2日間止めてみたんですけど、
結局気になって朝早く目が覚めちゃうんです。
だったら同じかなと思ってまた計り始めちゃいました。

でもね、本当に5時とか5時半とか、普段はありえない時間に目が覚めちゃうの。最後の方はほとんど睡眠不足。
目にクマまで出来て・・・こんなんじゃあ、だめだよね。

もうひとつショックなことが。
いつものK先生だったので、「今度のAIHはいつですか?」と聞いてみると
「今、39歳だよね? AIHは38歳までしか出来ないんだよ。君だけOKすると患者さんから文句が来るから、他の先生達と相談しないと。でもちょっと無理だと思う。」といわれてしまった・・・・。

今は頭がこんがらがっているのでよくわからないんだよね。
もうAIHを出来ないって言われて、悲しい自分と、もうやりたくなかったからホッとした自分がいる。
きっともうちょっと時間が経ったら、またやりたくなるんだろうけど。

とりあえず、私の住んでいるアルメリア市にFIVができる施設がないため、グラナダに申し込まなくてはならない。しかも2年待ち。その間に年齢制限の40歳を超えてしまう。とにかく、早くFIVの順番が回して欲しい。
K先生に提案されて、抗議文書を提出してきました。
すぐにどうなるわけじゃないと思うけど、やらないよりましだから。

あと、K先生は自分のクリニックも持っている。
この辺ではFIVで有名らしい。
先生に聞くと、電話番号を教えてくれた。
費用は約6000ユーロだって。90万円ぐらいだから、日本より高い!

あ~あ、どうしようかな。

自分を慰めてあげるために、日本に帰ろうかとも検討中。
少し休憩して(休憩してたばっかりだけど)、また考え直そうかな。

かなり暗~い記事になってしまいました。
少しだけうれしかったことも書いておかないとね。
K先生にエコーで診て貰った時、「卵巣の状態がよくなってる」って言われました。前回のAIHを始める前、嚢腫かなにかで卵巣が隠れるぐらいになってたから。ホルモン治療のお陰?
とりあえず、そのために治療を中止しておかなくてよかった。
そしたら、1回も人工授精をできないまま39歳を迎えてたってことだし・・・。

気持ちが落ち着いたら、また記事を書きます。
© スペインで赤ちゃん. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。