スペインに住む主婦です。体外受精に挑戦することになりました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
7つの卵ちゃん
今日も病院へ行ってきました。
そして、いつものK先生。

「去年から筋腫&卵巣嚢腫の手術をして、今回2回目の人工授精。これで妊娠したら奇跡だね~!」なんてニコニコ話しかけてきて、ご機嫌のご様子。

さて、卵巣内の様子をエコーで見てみると・・・
「おお~、オリーブ。16歳の卵巣のようだよ。」
なんと、右に3個、左に4個の卵胞が育ってました。

こんなに卵が育ってると、普通は中止になっちゃうよね?
でもこれを逃すともう公立病院では治療が出来ない私。
するとK先生「みんな~、オリーブは月曜日7個の卵胞で人工授精するからね~。」
まだ股を開いたままなのに、ドアを開けてスタッフ(女性だけだけどね)に宣告。

もちろん、みんな「7個・・・。それまずいんじゃないですか・・・・。」

「でも彼女は筋腫の手術をしていて15箇所傷があるし、3個は大きいけど残りは中ぐらいの大きさだし・・・」
と説明して、みんなを納得させてくれた。

帰りのバスで、「7つ子だったらギネスに載るのかなぁ。」なんて考えてみちゃった私(笑)
もう今更考えても仕方ない。
これでダメならもうAIHをしても無理ってあきらめもつくし、
とにかく、先生にまかせよう。
どうかうまくいきますように!
スポンサーサイト
© スペインで赤ちゃん. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。