スペインに住む主婦です。体外受精に挑戦することになりました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
卵は1個だけど
こんにちは! 今日もまた病院へ行ってきました。
今回はいつものK先生。

周期4日目から9日目まで自己注射でゴナルFを打った後のエコーは・・・
「1つの卵巣には1個いいのが育ってるね。でももう一つの卵巣のは小さいな。」
ということでした。

実はすっごく不安に過ごしてたんです。
本当は治療を中止されるはずのところを、
私が無理やり言い張って、続けてもらうことにしたから、
「もし、卵巣に嚢腫ができていて、大きくなっていたら・・・・」って。

前回エコーで見てもらったとき、「何か」のせいで片方の卵巣が見えない状態だったけど、
それは「筋腫とそれにちょっと水がたまっているんだろう。」とのこと。
卵巣には嚢腫もないし、状態もいいと言われてほっとしました。

育っている卵ちゃんは1個かもしれないけど、
とりあえず治療を続けていてよかった。

ということで、治療は続行。
今晩(周期10日目)最後のゴナルFを打って、明日はOvitrelle(オビトレル? HCGの一種らしい)で排卵誘発。

ovitrelle


今度は本物?の注射みたいだよね。これが痛いらしい・・・。

そして木曜日(周期13日目)の11:55人工授精の予約。
注意点としては

今日から禁欲。
当日、夫の精液を指定の容器に入れ、アルミ箔で包み(光を入れないため)、
体温で温めながら精液摂取後30分以内(最大45分以内)に病院へ届ける。

ということでした。
なんだか、ホッとしたので楽しみになってきました~!

子宮内膜の厚さとか、話にも出ないんですけど、まあいっか。
スペインでのやり方を信じて、お任せしてみます。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© スペインで赤ちゃん. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。